yumiの記憶保存帳

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

 

森に近い道を通ったら

甘いにおいがした

花のにおい 土や草のにおい 湿気のにおい

全てが混ざってこうなったのかな

田舎で暮らし遊ぶこどもたちはさまざまなにおいを

山から 川から 家から 畑から 嗅いでいるのかな

都会の出稼ぎから帰って疲れた大人は空気を吸って

故郷をかんじるのかな

スポンサーサイト

口調っておもろいネエ。 



神様にはなりたくはあらへんけど、傍観者にはなってみたいネエ。

不老不死で、まあ幼すぎなく年取りすぎていない歳ごろの姿で、

世界中の時代の変遷、文化の開花、衰退を眺めてみたいネエ。

それも、完全に傍観ではなく、半分そこにいて、半分は離れているような、

現代から平安時代を眺めるみたいなネエ。

醜いところもたくさんあるだろうけれど、時間がたてば自ずから美点が見えてくるような。



つまり、「平清盛」が面白いってことです。
見ていない人は、ぜひDVDや再放送で見て欲しい!!リアリティが溢れているよ。

責任の居場所はない 

私の声が届かない耳さん、ずっと言い訳の盾にしてきてごめんね。
耳が聞こえないということは決して容易いことではないけれど、何よりも大事なのは
あたしがあたしであることだということに、とても遅いけれど気付いたよ。

P.S 
そういや、今日はじめて自転車の二人乗りしたんだけど、
禁止されてるのに道路にはしている人が多い理由が分かった。
めっちゃ、夜風と自転車の揺れと傾きが気持ちいい。二人乗り万歳!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。